つらい更年期障害を克服するために|クリニックでサックリ解決

ホルモンの影響

更年期障害を改善する方法

閉経を挟んで前後10年間は、更年期と言われています。 この更年期の頃は心身の不調が起こりやすく、これらの不調を合わせて更年期障害と呼んでいます。 更年期障害の主な症状は、のぼせやほてり、異常な発汗、イライラや憂鬱、頭痛やコリなどがあり、中には枕が上がらないほど重い状態になる人もいるのです。 更年期障害は、閉経に伴い女性ホルモンのエストロゲンの分泌が減少することで起こると言われています。 つまり、エストロゲンを補充することにより更年期障害は改善できるとされているのです。 そこで現在、病院の婦人科もしくは更年期外来でこのホルモン補充療法が行われています。 この療法は、更年期障害を根本から治療する方法で非常に効果的です。 ただし、我が国ではこの療法を実行している人は更年期の女性全体のわずか数%にすぎず、さらに広く知られるように活動することが課題とされています。 しかし、いずれこの療法のメリットが知られるようになれば、欧米のように全体の半数近くが実行するようになると予想されています。

ホルモン補充療法以外の改善方法

ホルモン補充療法は大変効果的ですが、体質や既往症によっては適用できない場合があるとされています。 こうした方や、またホルモン補充療法以外の改善方法を望む人に推奨されるのがサプリメントの利用です。 更年期障害に効果があるとされる成分はいくつかありますが、代表的なものとして大豆イソフラボンがあげられます。 大豆イソフラボンは大豆の胚芽に含まれている成分で、女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをすることが知られています。 つまり、大豆イソフラボンを摂取することでホルモン補充療法と同じ効果が期待できるとされているのです。 大豆ということで豆腐等の大豆食品で摂取することも可能ですが、毎日安定して取り続けるのはかなり困難なことから、サプリでの摂取が推奨されています。 大豆イソフラボンのサプリは、ドラッグストアなどで購入可能ですが、通販の定期購入を利用する方法も便利なことから人気です。

鬱との関連性

更年期障害の疑いがある場合は、すぐに病院で血液検査をして、症状にあわせた治療を早くから行うことが大切です。更年期障害はうつ病になりやすい人に多く発症するため、心当たりがある人は注意と事前の対策が必要となるでしょう。

Read More

生活に支障

誰もが体験することになる更年期障害ですが、人によって症状の度合いなどは個人差がありますので、普段の生活に支障が出てしまうほど重症の場合もありますからそういった時には速やかに専門医にみてもらうほうが良いでしょう。

Read More

高齢女性に多い障害

更年期障害は多くの高齢女性に発症するものです。障害内容はめまいや、動悸、頭痛や多汗症といった様々なものがあり、自分で判断することはとても難しいといえるものになります。

Read More